岸田文雄首相は24日、新型コロナウイルスの感染拡大で供給不足が深刻化する抗原検査キットに関し、国が買い取りを保証して当面、1日80万回分まで供給量を引き上げるよう製造各社に要請したと明らかにした。

 首相は官邸で記者団に「地域によっては検査キットが手に入りづらくなっているとの声も聞いている」と述べた上で、既に460万回分は確保していると説明した。

 松野博一官房長官も24日の記者会見で、卸売業者にPCR検査試薬や抗原検査キットの安定供給を依頼したと強調。「無料検査も含めた体制確保に努める」と述べ、供給量調整や増産要請などで対応する考えを示した。

無断転載・複製を禁じます