衆院予算委で立憲民主党の泉代表(左手前)の質問に答える岸田首相=24日午後

 衆院予算委で立憲民主党の泉代表(左手前から2人目)の質問に答える岸田首相=24日午後

 岸田首相は24日の衆院予算委員会で、新型コロナ対策の病床確保強化を柱とした感染症法改正には一定の時間が必要だとして具体的な法案提出の時期を示さなかった。オミクロン株は不明な点が少なくないと指摘。「今の法律で行ったことが十分機能するかどうかしっかり確認した上で、考えていく」と述べた。立憲民主党の泉代表が早期対応を求めたのに対して答えた。

 政府は今国会への改正法案の提出を見送る。

 泉氏は新型コロナ対策を巡り、18歳以下の子どもに対する10万円相当給付の所得制限撤廃を要求。首相は「一つの制度だけで全て平等に給付するのは現実上不可能だ」と理解を求めた。

無断転載・複製を禁じます