オンラインで授業を行う教職員=24日午前9時10分、白山市光野中

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、白山市教委は24日、市内9中学校の3年生約1100人を対象にオンライン授業を始めた。光野中では各教諭が授業を配信し、生徒133人はタブレット端末を通して自宅で学習に取り組んだ。

 健康観察の後、4クラスで国語、社会、理科、英語の授業が行われ、担当の各教諭が教室から授業を配信した。生徒は画面上の資料や板書とともに解説を聞き、問題に答えるなどした。

 オンライン授業は高校受験を控えた3年生の感染リスクを下げるための措置として実施し、私立高校の入試が行われる2月1日まで予定している。若狭朋幸校長は「生徒が自信を持って実力を発揮できるよう、感染の不安やリスクを取り払いたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます