ロシアに支援された勢力との分離線付近に配置されたウクライナ軍の兵士=21日、ウクライナ東部ドネツク州(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】在ウクライナ米国大使館は22日、ツイッターで米国からの軍事支援物資が首都キエフに到着したと明らかにした。エストニアなどNATO加盟のバルト3国も21日、ウクライナに米国製携帯型ミサイルを提供すると発表、ロシアのウクライナ侵攻を懸念する米欧が連携して軍事支援を強化している。侵攻計画を否定するロシアの反発は必至だ。

 同大使館は、物資はバイデン大統領が最近提供を約束した支援の最初の一部で殺傷能力のある武器や弾薬が含まれるとしている。エストニアは対戦車ミサイル「ジャベリン」を、ラトビアとリトアニアは地対空ミサイル「スティンガー」を提供する。

無断転載・複製を禁じます