富山県は22日、県内で新たに132人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者が100人を超えるのは、昨年8月25日以来で、1日あたりの感染者数としては過去2番目に多い。新たに県東部の児童福祉施設、県西部の学校の学生寮、県西部の学校の部活動で県内61~63例目のクラスター(感染者集団)の発生を確認した。

 県によると、県東部の児童福祉施設の感染者は職員4人、児童15人で、黒部市と魚津市、入善町の10歳未満、30、40代の男女。症状は軽症または無症状だった。他の職員13人と児童33人を検査したところ、全員陰性だった。手洗いや換気などの対策が取られていたが、児童はマスク未着用だった。施設は当面休業する。

 県西部の学校の学生寮では、寮生7人の感染が判明した。砺波市の10~20代男性で、症状は軽症。他の寮生16人や、寮生と学校活動で接触した可能性のある学生4人、職員1人を検査したところ、いずれも陰性だった。寮では必ずしもマスク着用が徹底されていたわけではなく、換気は寮生に任せられていた。

 県西部の学校の部活動では、生徒3人と顧問1人、部活の練習に参加していた児童1人の計5人の感染が確認された。高岡、南砺、黒部各市の10歳未満~20代の男性で、症状は軽症または無症状だった。他の生徒18人、児童4人、コーチ1人の検査を実施中。練習中以外はマスクを着用し、1時間ごとに換気していた。

 県庁で会見した太田浩男県理事・厚生部次長は、子どもや若い世代の感染が増えているとし、「子どもと同居するお年寄りやご病気の方に移ると、中等症、重症となる可能性がある。3密の回避など感染予防を徹底してほしい」と呼びかけた。

 新規感染者は13市町と県外在住の10歳未満~90歳以上の男女で、症状別では中等症が3人で、残りは軽症か無症状だった。年代別では、20代以下が81人と61・4%に上った。

 県内の累計感染者数は5464人となり、入院中は12人増の114人、宿泊療養施設入所者は20人増の161人、自宅療養または入院など調整中は68人増の163人となった。

無断転載・複製を禁じます