歩道に積もった雪をどかす人=21日午前7時50分、金沢市本多町3丁目

 21日の石川県内は冬型の気圧配置で、曇りや雪となった。正午現在の積雪は白山河内80センチ、加賀菅谷64センチ、七尾16センチ、金沢14センチだった。金沢市中心部では朝からスコップを手に、歩道の除雪に汗を流す人の姿が見られた。

 金沢地方気象台によると、午後は冬型の気圧配置が次第に緩み、雪から曇りになる見込み。

 県警によると、21日午前9時までの24時間に、スリップが原因とみられる事故が54件発生した。このうち人身事故は2件で、2人が軽傷を負った。いずれも追突事故だった。

無断転載・複製を禁じます