雪に包まれた集落を歩く住民=白山市白峰

 二十四節気の一つで寒さが最も厳しいとされる「大寒(だいかん)」の20日、石川県内は風雪が強まり、最低気温は全11観測地点で0度前後と冷え込んだ。白山市白峰では降り続いた雪が集落を覆い、銀世界が広がった。県の観測では20日午後6時の積雪は190センチを記録した。

 20日の最大瞬間風速は小松19・4メートル、金沢17・8メートルを観測し、小松市平面町の酒販店では屋根のトタンが一部はがれた。県警によると、午前9時までの24時間でスリップ事故が35件発生し、9人が軽傷を負った。

  ●21日冬型緩む

 金沢地方気象台によると、21日は冬型の気圧配置が次第に緩む。同日午後6時までの24時間予想降雪量は最大で平地15センチ、山地30センチとなる。

無断転載・複製を禁じます