富山県は20日、県内で新たに71人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日あたりの新規感染者数が70人を超えるのは昨年8月28日以来。また県西部の学校で県内60例目のクラスター(感染者集団)発生が確認された。

 この学校で感染したのは同じクラスの児童5人。17日に1人、19日に4人の感染が判明した。変異株「オミクロン株」かどうはか分かっていない。同校では、玄関と各教室での消毒液の設置、休憩中や昼休みなどの時間に手洗い、窓の換気、授業中のマスク着用などの対策が講じられていた。

 県はクラスメートの児童18人、教職員1人にPCR検査を実施し、全員の陰性を確認した。県によると同校の対応として当面、このクラスを閉鎖するという。

 新たに感染したのは富山、高岡、射水、砺波、南砺、氷見、魚津、黒部、滑川、立山の各市町の10歳未満から80の男女。症状は全員が軽症または無症状だった。入院中の患者は88人となった。

 県内の累計の感染者は5260人となった。

無断転載・複製を禁じます