【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領とイランのライシ大統領が19日、モスクワのクレムリン(大統領府)で会談した。反米強硬派のライシ師はイラン核合意の修復に向けた協議を巡りロシアの支持を取り付け、連携を確認する狙い。昨年8月のライシ師就任後、両首脳の直接会談は初めて。

 会談冒頭、プーチン氏はシリア内戦などでのイランとの協力を強調し、核合意に関し「イランの立場を知ることが重要だ」と述べた。

 ライシ師は「制裁や脅しによって国の発展を止めたことはない」と述べ、ロシアと共闘して米欧に対抗する姿勢を強調。イランに科された制裁解除に力を注ぐ考えを示した。

無断転載・複製を禁じます