さらなる降雪に備え、駐車場を除雪する従業員=金沢市の金沢湯涌江戸村

 北陸地方の上空に氷点下30度以下の寒気が流れ込んだ18日、石川県内は冬型の気圧配置となり、断続的に雪が降った。風も強く吹き、最大瞬間風速は羽咋で午前10時17分ごろに21・6メートルを観測。金沢市の金沢湯涌江戸村では、さらなる雪に備え、従業員が駐車場の除雪に励んだ。県によると、午後9時現在の積雪は53センチとなっている。冬型の気圧配置は21日ごろまで続く。

 18日の最高気温は金沢で3・2度、輪島で1・7度など平年を3度以上下回る寒さとなった。

 金沢地方気象台によると、午後9時現在の積雪量は白山市河内58センチ、輪島5センチ、金沢2センチ。19日の午後6時までの24時間降雪量は加賀、能登の平地で15センチ、山地で20センチを見込む。

  ●小松-羽田便遅れ

 小松空港発着便は18日、空港周辺の悪天候で、羽田行き日本航空186便が約1時間遅れて出発した。

無断転載・複製を禁じます