打撃練習で汗を流すヤクルト・村上=神宮球場室内練習場

 ヤクルトの村上宗隆内野手が18日、神宮球場の室内練習場で練習を公開し「昨年よりさらにいい成績を残すことは絶対条件。全てのタイトルを取れるなら取りたい」と語り、本塁打王とセ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝きチームを日本一に導いた昨季以上の活躍を目標に掲げた。

 同僚の青木宣親外野手らとともにノックや打撃練習で汗を流した。昨年は日本シリーズを戦い、12月はテレビ出演など多忙な日々を送った。キャンプまでの期間は短くなったが「いいトレーニングはできている」と調整に不安はなさそうだ。「打つだけでなく、ゴールデングラブ賞も目指して頑張る」と守備力向上にも意欲的だった。

無断転載・複製を禁じます