打撃練習する西武の栗山=埼玉県所沢市(代表撮影)

 昨季通算2千安打を達成した西武の栗山巧外野手が18日、埼玉県所沢市の球団施設で練習を公開した。同僚の岡田雅利捕手に打撃投手を務めてもらい黙々と打ち返し「(マシンではなく)人が投げた球を打つには、軸を保っていいインパクトを迎えないとバットのいい音が鳴らない。しっかり土台を固めたい」と手応えをにじませた。

 プロ21年目を迎える。上半身と下半身の連動を意識したスイングづくりに取り組んでおり「今のところ準備段階。インパクトの時にエネルギーが伝わるようにというイメージ」と語る。

 昨年のこの時期はハードな練習をこなしていたが、今年は負担を減らして調整しているという。

無断転載・複製を禁じます