千葉県警本部

 18日午前6時5分ごろ、千葉市中央区南生実町で「空き家から黒煙と炎が出ている」と近隣住民から119番があった。木造平屋が燃え、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。千葉中央署が身元や出火原因を調べるなどし、事件性の有無を確認している。

 署などによると、火災は午前8時45分ごろ鎮火し、成人とみられる遺体が見つかった。外傷の有無は不明。この家の住民は既に死亡し、住民の親族の説明では、昨年秋ごろから空き家となっていたという。

無断転載・複製を禁じます