受験生ら3人が刃物で切り付けられた現場付近を調べる警察官ら=15日午前、東京都文京区の東大

 東京都文京区の東大前の歩道で起きた3人刺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された名古屋市の私立高2年の少年(17)が所持していたとみられる可燃性の液体は少なくとも4リットルあったことが18日、捜査関係者への取材で分かった。事件前、東京メトロ南北線の電車内で放火のために一部を使用したとみられ、警視庁が入手経路を調べている。

 捜査関係者によると、電車内の床には少年のものとみられるリュックや可燃性液体入りの500ミリリットルペットボトルが2本あり、周囲に液体がこぼれていた。少年は「リュックに液体を染み込ませて火を付けようとしたが、うまくいかなかった」と話している。

無断転載・複製を禁じます