ロシアの姉妹都市から届いた年賀状に笑顔を見せる生徒=能美市根上中

ロシアの姉妹都市から届いた年賀状に笑顔を見せる生徒

 能美市根上、寺井、辰口の3中学校に17日、姉妹都市であるロシア・イルクーツク州シェレホフ市の子どもたちから38枚の年賀状が届いた。コロナ禍でも両市の交流を続ける「友情フェスタ」の一環で、生徒らは受け取ったメッセージに異国の友の温かさを感じ取った。

 根上中では1年生18人に届いた。サンタクロースや雪だるまが描かれたクリスマスカード仕立てで、「友達よ、新年おめでとう」の日本語と、それぞれに宛てたロシア語のメッセージが書き込まれている。

 送り主は児童美術学校の子どもたちで、生徒から「うまい」「すごくきれい」と驚きの声が上がった。相手のメールアドレスも記されており、山口桃愛(ももあ)さん(13)は「ぜひ返事のメッセージを送りたい。ロシアにも行ければいい」とやりとりの継続を誓った。能美の3校からも昨年12月に送付した。

 3校に届いた年賀状は全て拡大コピーして、25日から2月6日まで寺井図書館に展示する。

無断転載・複製を禁じます