石川県は14日、県内で新たに92人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新たに金沢星稜大でクラスター(感染者集団)の発生も確認した。新規感染者数が90人を超えたのは、昨年8月13日の93人以来、約5カ月ぶりとなる。

 新規感染者のうち、5人は金沢星稜大の学生で、すでに公表済みの学生2人と合わせて7人となり、県はクラスターと認定した。同大を運営する稲置学園は公式サイトで、7人は同じゼミに所属する学生であるとし、関係する学内の施設を消毒したと発表した。16日の大学入学共通テストは予定通り実施する。

 感染者はこのほか、11日にクラスターが公表された県内福祉施設の関係者が2人、濃厚接触者が37人、感染経路不明が48人。県内の累計感染者は8370人となった。

 県内では15日午前10時までに、新たに717件の検査結果が報告された。クラスターの発生は県内115例目となった。

無断転載・複製を禁じます