社民党党首に再選し、記者会見する福島党首=14日午後、東京都中央区の党本部

 任期満了に伴う社民党党首選の立候補届け出が14日午後、締め切られた。参院議員の福島瑞穂党首(66)以外に届け出はなく、福島氏の再選が無投票で決まった。当選決定後、福島氏は「夏の参院選に何としても勝利する。先頭に立って頑張りたい」と決意を表明した。3月に予定する党大会で正式に承認される。任期は2年。

 吉田忠智元党首らが離党した2020年12月の分裂後、党首選は初めて。社民は参院選の結果次第で公選法上の政党要件を失いかねない状況にある。旧社会党の流れをくむ老舗政党存続を懸け、党勢回復が課題となる。

無断転載・複製を禁じます