降りしきる雪の中を歩く人=12日午後1時、富山駅前

 12日の富山県内は強い冬型の気圧配置となり、平野部でも広く雪が降った。最深積雪は午後8時現在で、富山市猪谷64センチ、同市中心部16センチ、高岡市伏木7センチ。最低気温は上市町氷点下3・2度、富山市八尾同1・7度など全10観測地点で0度未満の冬日だった。

 富山駅前では、降りしきる雪の中、コートを着込み歩く人の姿が見られた。

 富山地方気象台によると、強い冬型の気圧配置は14日にかけて続き、13日は北陸地方の上空に寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる。

 県内では13日から14日にかけて、山間部を中心に大雪になる見込み。13日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、平野部25センチ、山間部50センチ。14日午後6時までの24時間は、いずれも多い所で平野部30~50センチ、山間部60~80センチと予想している。

 海上では、14日にかけて西または北西の風が強く吹く見込みで、13日に予想される最大風速は陸上で12メートル(最大瞬間風速25メートル)、東部の海上で18メートル(同30メートル)西部海上17メートル(同30メートル)。

 中日本高速道路は12日、今後予想される大雪のため東海北陸自動車道白川郷インターチェンジ(IC)―福光IC間で通行止めの可能性があると発表した。通行止め開始は13日午後6時~午前0時の間を見込む。

無断転載・複製を禁じます