高川学園―青森山田 後半、チーム3点目のゴールを決める青森山田・松木(手前)=国立競技場

 青森山田に敗れた高川学園イレブン=国立競技場

 サッカーの全国高校選手権第6日は8日、東京・国立競技場で準決勝1試合が行われ、青森山田が高川学園(山口)に6―0で大勝し、大津(熊本)との決勝に進んだ。準決勝のもう1試合は選手2人が新型コロナウイルス陽性となった関東第一(東京B)が辞退したため行われず、大津の決勝進出が決まっていた。

 前半を2―0で折り返した青森山田は後半にもJ1のFC東京に入団する松木らのゴールで突き放し、4大会連続で決勝に勝ち上がった。

 10日午後2時5分から国立競技場で行われる決勝で、大津は熊本県勢初優勝、青森山田は3大会ぶり3度目の優勝を目指す。

無断転載・複製を禁じます