霞が関の官庁街(右奥は国会議事堂)=東京都千代田区

 政府は7日夕、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄、広島、山口3県への「まん延防止等重点措置」適用を決定する。期間は9日から31日まで。山際大志郎経済再生担当相が7日午前、専門家らによる基本的対処方針分科会に政府案を諮り、了承された。山際氏は、まん延防止措置適用地域での行動制限緩和を巡り、飲食店やイベントの利用者らの全員を検査することで認める方策も選択肢に加えると表明した。沖縄県は、新たな感染確認が暫定で1400人を超える見込みだと明らかにした。

 昨年10月の岸田文雄首相就任後、コロナ対応の改正特別措置法に定める措置を実施するのは初めて。

無断転載・複製を禁じます