那覇市の国際通りをマスク姿で歩く人たち=6日午後

 沖縄県の玉城デニー知事は6日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、政府に「まん延防止等重点措置」の適用を要請したと明らかにした。適用期間は9~31日で、対象区域は全県。県は対策本部会議を開き、飲食店の営業時間短縮や酒類提供制限を柱とする対処方針を決定した。

 県によると、6日の新規感染者は981人で、1日当たりの最多だった21年8月25日の809人を上回った。

 対処方針によると、県が感染防止対策の基準を満たしていると認証した飲食店は酒類提供を午後8時、営業時間を同9時までとする。非認証店は午後8時までの営業で、酒類やカラオケ設備を提供しないよう要請する。

無断転載・複製を禁じます