金沢市は6日、一般会計121億6470万円の補正予算案を市議会に内示した。新型コロナウイルスの感染拡大に備え、PCR検査体制などを強化する。保健所の検査室を改修する費用などを盛り込んだ。

 検査種類ごとにエリアを分け、検査数が増えても円滑に対応できるようにする。療養病床の従事者に対する検査費や、福祉施設の感染対策に役立てる研修用動画の作成費も計上した。

 一般会計の当初予算からの累計は前年同期比7・4%減の2173億4858万円。特別会計を含む全会計の累計は5・5%減の3747億7700万円となる。補正予算案は13日の1月緊急議会に提出される。

 山野之義市長は内示後の会見で知事選について問われ、副市長の予算査定がある今月中旬までに意思表示する考えをあらためて示した。

無断転載・複製を禁じます