石川県新型コロナウイルス対策専門家会議の谷内江昭宏座長(金大附属病院副病院長)は「新変異株は感染速度が非常に速いが、基本的な対策は同じであり、大げさに騒ぎすぎることはない」と指摘した。一方、重症化率が低いとしても「絶対数が増えると医療提供体制に影響する可能性がある。感染スピードを少しでも抑えるよう行動すべきだ」と述べた。成人式など感染が広がりやすい時期であり、「ワクチン3回目接種や無料検査の活用が重要だ」と呼び掛けた。

無断転載・複製を禁じます