【ニューヨーク共同】年明け3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在は休日前の昨年12月31日と比べ46・23ドル高の3万6384・53ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は103・95ポイント高の1万5748・92。

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染が早期に収束することを期待した買いが入る一方、高値を警戒した利益確定の売りも出て、もみ合った。

無断転載・複製を禁じます