富山県内で新変異株「オミクロン株」の感染者が確認されたことを受け、石川県は29日から、県内の薬局で新型コロナウイルスの無料検査を実施する。感染者の早期診療や隔離につなげる狙いで、対象は県内在住の無症状者となる。期間は1月末まで。谷本正憲知事は28日、県庁で会見し、「感染の不安解消や社会経済活動の正常化に役立ててほしい」と呼び掛けた。

 28日、県外在住でオミクロン株に感染した疑いのある人の濃厚接触者5人が県内で確認された。同じ国際線に搭乗していた。金沢市内の療養ホテルで健康観察を受ける。

 県によると、無料検査はワクチン接種の有無は問わない。予約不要で、薬局で身分証明書を提示すれば受けられる。症状がある人や検査で陽性が確認された場合は、医療機関を受診する必要がある。

 検査できる薬局は現在30店で来月前半までに約100店に増やす。店舗は県ホームページで確認できる。

 谷本知事は新変異株の感染拡大が危惧されるとして、「年末年始の帰省や旅行は慎重に検討し、基本的な感染症対策を徹底してほしい」と求めた。

 全国でオミクロン株の市中感染が相次いでおり、山際大志郎経済再生担当相は27日、市中感染が確認された地域と隣接する県でも無料のPCR検査、抗原検査を可能にすると明らかにしていた。

無断転載・複製を禁じます