石川県は27日、金沢市と津幡町の30~80代の3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれもクラスター(感染者集団)が発生した金沢市の千木病院の関係者で、クラスターは計55人となった。県内の累計感染者は8029人。

 30代女性と50代男性は千木病院に勤める医療従事者で、80代男性は患者だった。患者は中等症で医療従事者の2人は軽症。いずれも2回目以降の検査で分かった。27日は55件の検査が報告され、うち30件が同病院関係だった。

 県は27日、県モニタリング指標を改定し、「レベル」での分類に変更した。病床使用率は8・0%に上昇し、1週間の新規感染者数は42人に減少した。重症病床使用率、経路不明者数は前日から変化はなかった。

無断転載・複製を禁じます