5色にライトアップされた国重要文化財=羽咋市の気多大社

 羽咋市の気多大社は27日、年末年始に実施する「五色の光祭(ひかりまつり)」のライトアップを報道陣に公開した。

 6月の「夏越の大祓(おおはらい)式」で設けている5色の茅(ち)の輪と同じ白、紫、朱、黄、緑色の光で、国重要文化財4棟と国指定天然記念物の社叢(しゃそう)「入らずの森」を代わる代わる照らす。三井孝秀宮司は「分散参拝を呼び掛ける新たな試みで、光の演出を楽しんでほしい」と話した。31日午後8時から元日午前3時まで、元日~3日のそれぞれ午後6時から11時に点灯する。

無断転載・複製を禁じます