来場者にトラ飾りの特徴を説明する北川さん(右)=能美市のいしかわ動物園

 いしかわ動物園(能美市)の動物学習センターに18日までに、同園の獣医師北川和也さん(49)が手掛けた等身大のトラ飾りがお目見えした。

 「笑福 まねっこ 招き寅(とら)」は来年の干支(えと)にちなんだ作品で、発泡スチロールや粉粘土を材料に8カ月を掛けて細部まで忠実に再現した。園の人気者のホワイトタイガー「クラウン」と、アムールトラの赤ちゃんの2体をモデルとし、クラウンは座った姿で高さ101センチある。

 それぞれ右前足と左前足を上げ、「人」と「金運」を招く。北川さんは「来園した皆さんに幸福が訪れることを願って作った」と話した。1月24日まで展示される。

無断転載・複製を禁じます