「今年の一皿」に選ばれた「アルコールテイスト飲料」

 食に関する調査・研究を行う「ぐるなび総研」(東京)は9日、2021年の世相を最も反映した「今年の一皿」に「アルコールテイスト飲料」を選んだと発表した。

 同飲料はノンアルコールを中心に、アルコール度数が1%未満の飲み物を指す。新型コロナウイルス禍でお酒の代わりに多くの飲食店で提供された。また近年、若者の間でアルコール離れが進み、社会に広まっている。製造方法の進化で品質も向上しているという。

 ぐるなび総研は「アルコールを好む人、好まない人、どちらにとっても新たな選択肢として加わり、今後の日本の食文化として定着する可能性がある」としている。

無断転載・複製を禁じます