しめ飾り作りを進める吉岡さん(左から2人目)=8日午前10時半、野々市市下林4丁目

 8日の石川県内は低気圧の影響で、曇りや雨となった。正午までの最高気温は金沢13・4度、輪島13・3度と平年を1~2度ほど上回った。

 野々市市下林4丁目のわら工芸師吉岡克己さん(84)方では正月用のしめ飾り作りが本格化し、吉岡さんらがユズリハやウラジロを飾り付ける作業を進めた。

 60年以上、手作りにこだわって製作を続ける吉岡さんは「コロナ感染も落ち着いているので、しめ飾りとともに穏やかなお正月を迎えてほしい」と話した。25日ごろまでに約1万個を仕上げ、県内のスーパーなどに出荷する。

 金沢地方気象台によると、県内は午後も雨や曇りとなる見込み。

無断転載・複製を禁じます