展示デビューしたアッシュ(左)と嫁候補のピヨサン=魚津市の魚津水族館

 ●愛らしい姿

 魚津水族館(魚津市)で7日、10月に長野市城山動物園から仲間入りしたフンボルトペンギンの雄「アッシュ」(2歳半)の屋外展示が始まり、愛らしい姿が来館者を楽しませた。

 アッシュは、城山動物園へ嫁入りした雌「ピヨヨン」(1歳)との交換で水族館にやってきた。これまで約2カ月間は嫁候補の雌「ピヨサン」(3歳9カ月)とバックヤードで飼育してきた。一緒に行動する様子が確認されてきたことから屋外展示が可能と判断した。

 飼育員の齋藤真里さん(32)がアッシュとピヨサンを展示水槽に放した。最初は落ち着かない様子だったアッシュだが、ピヨサンと一緒に歩いたり、元気に泳いだりする姿も見られた。齋藤さんは「新しい家族が増えてほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます