日本ハムの新入団発表会見で新庄監督(前列中央)とポーズをとる長谷川威展投手(前列右端)=北海道北広島市

 北海道日本ハムファイターズにドラフト6位で指名された金沢学院大4年の長谷川威展(たけひろ)投手(22)が5日、新球場の建設が進む北広島市の市役所で新入団選手会見に臨んだ。背番号は53に決定。新庄剛志監督が見守る中、「キレキレのスライダーが自分の持ち味なので、そこを監督にアピールしていきたい」と意気込んだ。

 長谷川投手は会見前に世界最大級といわれる新球場を見学して感激した様子で「自分もそれぐらいスケールの大きな選手になることが目標」と決意を示した。

 新庄監督から「プロになった以上、ドラフト1位も6位も一緒」と激励され、昔から監督のファンという長谷川投手は「開幕1軍を目指す。信頼される左腕になりたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます