準々決勝で落合を下す中村(右)=東京・両国国技館

アマチュア横綱に輝いた中村

 相撲の第70回全日本選手権は5日、東京・両国国技館で行われ、津幡町出身で日体大3年の中村泰輝(だいき)(21)が決勝で近大の神崎大河を寄り切って初のアマチュア横綱に輝き、大相撲の幕下15枚目格付け出しの資格を得た。石川県勢の優勝は2018年の黒川宏次朗(金沢学院大附高OB)以来、史上8人目で通算10度。一昨年の学生横綱に続く「横綱」の称号獲得で、相撲王国・石川に新たな栄誉を刻んだ。

 予選を通過した16人による決勝トーナメントの準々決勝では、中村は10月の高校相撲金沢大会(北國新聞社主催)団体優勝メンバーで高校横綱の落合哲也(鳥取城北高)を上手投げで下し、準決勝でボルドバートル・オドフー(東洋大)を突き出しで破った。和歌山商高時代に金沢大会で個人2連覇を果たした花田秀虎(日体大)は準々決勝で敗退し、2連覇を逃した。

 石川県勢では、1957年・第6回の田畑外志雄(泉丘高OB)、65年・第14回から3連覇した野見典展(のりひろ)(七尾実高OB)、87年・第36回の山崎直樹(金沢高OB、現追手風親方)、2004年・第53回の栂木(とがのき)崇行(金市工高OB)、12年・第61回の遠藤聖大(しょうた)(金沢学院大附高OB、現幕内・遠藤)、13年・第62回の川端翔伍(金沢学院大附高OB、現十両・大翔丸)、18年・第67回の黒川に次ぐタイトル獲得となった。

無断転載・複製を禁じます