試合後、サポーターにあいさつするツエーゲン金沢の選手=サンガスタジアム

 サッカーJ2は5日、今季リーグ戦が終了した。J3自動降格圏内(19~22位)の19位となる可能性を残していたツエーゲン金沢は10勝21敗11分けの17位となり、2022年シーズンのJ2残留を決めた。

 ツエーゲン金沢は京都府亀岡市のサンガスタジアムで京都サンガF.C.と最終戦を行い、0-0だった。勝てば自力で残留が確定し、引き分けか負けの場合、他のクラブの結果次第で残留か降格圏内に決まる条件下だった。

 ツエーゲン金沢は2014年にJ3で優勝し、J2は参戦7年目。16年は21位で入れ替え戦の末、残留を決めている。過去最高成績は18年の11位。

無断転載・複製を禁じます