微生物を表現したクッキー=金大

 金大理工研究域の本多了教授(44)は4日までに、三重県桑名市のクッキー専門店「クリマロコレクション」と共同で、微生物を愛らしく表現したクッキーを考案した。幅広い世代に微生物に親しんでもらう。

 汚水の中のバクテリアを食べたり、汚水から水素を作る働きを持つ微生物をイメージした10種類がある。5種類ずつを「水をきれいにする部隊」「ごみや汚れた水からエネルギーをつくる部隊」とそれぞれ銘打った。

 微生物による下水処理を研究する本多教授が、それぞれ形や個性が異なり、環境に良い働きをする微生物を選んだ。生き物の魅力を伝えるクッキーを販売する同店が色や形を再現し、表情を付けた。

 本多教授は「いろんな微生物がいることを知り、親近感を持ってもらえるとうれしい」と話した。5枚入りで540円。店頭やインターネットで取り扱うほか、金大の生協で注文を受け付ける。

無断転載・複製を禁じます