青空に浮かぶ雪化粧をした立山連峰=かほく市の西田幾多郎記念哲学館

 石川県内各地で晴れ間が広がった3日、かほく市の西田幾多郎記念哲学館では、澄んだ青空に雪化粧をした立山連峰がくっきりと浮かび上がった。来館者は鮮やかな白い稜線(りょうせん)を眺めた。

無断転載・複製を禁じます