新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種を受ける男性医師=能美市立病院

 石川県内の医療従事者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が2日、能美市立病院を皮切りに始まった。初日に受けたのは同病院に勤務する医師1人で、接種後「日本でもいつ感染が再拡大するか分からない状況であり、ワクチンを打って安心できる」と語った。県内では金沢市など10市町が今月中に実施予定で、来年1月からは高齢者の接種が始まる。

 接種を受けたのは、整形外科の医師有藤賢明さん(29)で、3回目接種の薬事承認を受けた米ファイザー製を使用した。

 接種後、取材に応じた有藤さんは、新たな変異株「オミクロン株」への効果について「今のところワクチンのほかに有効な手段はなく、対策の一つとして接種はいいことだと思う」と話した。

 同病院では2回の接種を終えた医師や看護師、事務職員ら約200人を対象に3回目を順次実施する。今月中に90人、残りは来月中に終える予定だ。

 3回目接種は2回目から8カ月以上経過した人が対象で、医療従事者から行う。6日には金沢市の地域医療機能推進機構(JCHO)金沢病院が始める。

  ●全国で初日1560人

 政府が2日公表した新型コロナウイルスワクチンの接種状況によると、3回目の接種が始まった1日に打った人が1560人と集計システムに報告された。

 少なくとも1回打った人は9982万人で接種率78・8%、2回完了した人は9749万人で77・0%だった。

無断転載・複製を禁じます