新型コロナワクチンの3回目の追加接種が1日、全国で医療従事者を皮切りに始まり、石川県内では2日に能美市立病院、6日に地域医療機能推進機構(JCHO)金沢病院(金沢市)で実施される。金沢や白山、七尾、川北など10市町が今月中に接種する予定で、珠洲、能登、宝達志水など9市町は来年1月以降を予定する。

 珠洲、宝達志水、穴水、能登の4市町は今月中に接種券を送付する予定で、その他の15市町は既に発送したという。

  ●5日連続感染ゼロ

 県は1日、県内で新型コロナの感染者が確認されなかったと発表した。陽性者ゼロは5日連続。同日午前10時までに493件の検査が報告され、いずれも陰性だった。感染者の累計は7969人。富山県と福井県も感染者はいなかった。

 県によると、国内で初めて確認されたオミクロン株の感染者と同じ飛行機に乗っていた濃厚接触者70人の中に県民はいない。ただ今後、県内でもウイルスが確認される可能性はあるとし、県は警戒を呼び掛けている。

無断転載・複製を禁じます