石川県新型コロナ対策本部会議アドバイザーの市村宏金大特任教授はオミクロン株について「感染力は強いとみられるが、症状の強さや今のワクチンが効くかどうかなどまだ不明な点が多い。詳細はこれから明らかになるので、注視が必要だ」と述べた。

 その上で「われわれにできることは、マスク着用などの基本的な対策となる。過度に心配しすぎず、正しく恐れることが大切だ」と強調した。

 オミクロン株かどうかを調べる検査態勢は県内でも整っているとし「感染者が出た場合は早期に特定し、早期に囲い込むべきだ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます