立憲民主党の新代表を選出する臨時党大会で演説する泉健太氏=30日午後、東京都内のホテル

 立憲民主党は30日、東京都内で開いた臨時党大会で代表選を実施し、泉健太政調会長(47)を新代表に選出した。泉氏は1回目の投票で1位になったものの過半数に達せず、決選投票の末、逢坂誠二元首相補佐官(62)を破った。任期は2024年9月末まで。泉氏は「国民の目線で国民中心の政治をしていく」と述べ、党再生への決意を表明。来年夏の参院選に向け、共産党との野党共闘の在り方を修正する方針を示した。

 決選投票は国会議員140人、参院選公認候補予定者6人、47都道府県代議員が投票した結果、泉氏205ポイント、逢坂氏128ポイントだった。

無断転載・複製を禁じます