青空にくっきりと浮かび上がった白山を眺める来園者=小松市の木場潟公園西園地

 29日の石川県内は高気圧に覆われ、晴れ間が広がった。最高気温は金沢14・9度、輪島14・2度など平年を1~3度ほど上回った。小松市の木場潟公園西園地からは雪を頂いた白山がくっきりと見え、来園者が青空と霊峰の雄大な眺めを楽しんだ。

 朝方は放射冷却現象で冷え込み、最低気温は輪島市三井で氷点下2・6度など全11観測地点で今季最低となった。金沢地方気象台は金沢で初霜と初氷を観測。初霜は平年より5日、昨年より38日早く、初氷も平年より14日、昨年より22日早かった。

 金沢地方気象台によると、30日の県内は晴れで、夜遅く雨となる。日中の最高気温は金沢19度、輪島18度と平年を大きく上回る。

無断転載・複製を禁じます