能登牛の牛丼を味わう児童=能登町柳田小

 石川県産ブランド和牛「能登牛(のとうし)」の県内最大産地である能登町の全小中学校と保育所で29日、能登牛を使用した給食が提供された。園児や児童、生徒約1100人は米やタマネギも町内産を用いた牛丼を味わい、ふるさとの味覚を楽しんだ。

 11月29日の「いい肉の日」にちなみ、町が能登牛をPRし、地域に愛着を深めてもらおうと初めて企画した。能登牛100キロ、能登牛の堆肥を使用したコシヒカリの特別栽培米「能登姫」104キロを用意した。

 柳田小では、能登牛生産者協議会の中瀬英巳会長や大森凡世町長らが児童と一緒に食べた。5年生の河端大智君は「脂がのっていておいしかった」と笑顔で話した。

無断転載・複製を禁じます