マルハニチロが値上げする家庭用冷凍食品の「白身魚タルタルソース」

 マルハニチロは29日、家庭用冷凍食品のうち99商品の出荷価格を、来年2月1日納品分から最大23%引き上げると発表した。値上げ率は、調理品が約2~10%、カット野菜やフルーツといった農産品は約5~23%。

 世界的な食料需要の増加で原材料価格が上昇しているほか、原油高騰で包装材料費や物流費なども膨らみ、「コスト吸収の限度を超える状況になった」としている。

 代表的な調理品の「白身魚タルタルソース」は約10%、農産品の「ブルーベリー」は約23%値上げする。出荷価格の上昇を店頭価格に反映させるかどうかは小売店が判断するという。

無断転載・複製を禁じます