1995年の小6女児焼死火災で再審無罪が確定した母親が、違法な捜査で身柄を不当に拘束されたとして国と大阪府に損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁が和解を勧告したことが29日、分かった。母親側が会見して明らかにした。

無断転載・複製を禁じます