新庁舎で業務に当たる七尾署員=29日午前9時45分、七尾市小島町

 七尾署は29日、七尾市小島町の新庁舎で業務を開始し、署員が犯罪被害や交通事故防止など管内の治安維持へ決意を新たにした。

 舟山修署長があいさつで「それぞれが自己の業務に積極的に取り組み、新たな七尾署の歴史を築いてほしい」と激励した。道場開きも行われ、大地主(おおとこぬし)神社(同市)の大森重宜宮司が神事を執り行い、舟山署長が玉串をささげた。

 新庁舎は鉄筋コンクリート4階建て。延べ床面積は3310平方メートルと、旧庁舎(七尾市藤橋町)の1・9倍に拡大した。ユニバーサルデザインを採用し、来庁者の利便性を向上させた。1976(昭和51)年に建てられた旧庁舎から1・3キロ北に立地する。

無断転載・複製を禁じます