漫画「弱虫ペダル」の原作者の渡辺さん(左)と交流する子どもたち=志賀町の能登ゴルフ俱楽部

 県自転車競技連盟の「弱虫ペダルカップ」(北國新聞社後援)は27日、志賀町の能登ゴルフ倶楽部に常設されたオフロード自転車競技「シクロクロス」の専用コースで始まった。漫画「弱虫ペダル」の原作者の渡辺航(わたる)さんらも会場を訪れ、約100人の参加者と触れ合いながら自転車競技の魅力を伝えた。

 渡辺さんのほか、シクロクロス日本代表の三船雅彦監督、大会アンバサダーで女優の一青妙(ひととたえ)さんがゲストライダーとして、1周2・7キロのコースを参加者と一緒に自転車で走った。小学生らを対象とした講習会も開催された。渡辺さんは「漫画の舞台として、一つエピソードを作っても面白い」と感想を述べた。

 初日は記念イベントのほか、ジュニアのタイムトライアルやチームで周回数を競う「エンデューロ」が行われた。最終日の28日は個人レースを実施する。同倶楽部のシクロクロス専用コースは弱虫ペダルカップを機に本格オープンする。

無断転載・複製を禁じます