陸上自衛隊の朝霞駐屯地で観閲式に出席した岸田首相=27日午前(代表撮影)

 岸田文雄首相は27日、陸上自衛隊の朝霞駐屯地(東京都練馬区など)での観閲式で訓示し、日本を取り巻く安全保障環境が急速に変化している現状を踏まえ、弾道ミサイルを相手国領域内で阻止する「敵基地攻撃能力」保有を排除せず検討し、必要な防衛力を強化していくと強調した。極超音速兵器や、変則軌道で飛来するなどミサイルの関連技術を急速に進化させる北朝鮮に懸念を表明。軍事力を増強する中国をけん制した。

 首相は、外交・安全保障政策の長期指針「国家安全保障戦略」などの改定の中で「敵基地攻撃能力の保有も含めあらゆる選択肢を排除せず検討し、必要な防衛力を強化していく」と述べた。

無断転載・複製を禁じます