強い風にあおられて舞う波の花=輪島市町野町の曽々木海岸

 23日の石川県内は冬型の気圧配置が強まり、大荒れとなった。午後6時までの最大瞬間風速は金沢26・1メートル、羽咋25・7メートル、かほく23・0メートルに達し、最低気温は七尾5・4度、金沢7・2度と今季最低を記録した。

 県石川土木総合事務所は24日未明、白山市白峰の国道157号で積雪が5センチに達したとして、除雪車を今季、初出動させた。

 輪島市町野町の国名勝・天然記念物の曽々木海岸では23日、「波の花」が発生し、冬の訪れを感じさせた。

 気象台によると、24日にかけて北陸地方上空には氷点下24度以下の寒気が流れ込むため、荒天が続く。同日の日中の最高気温は金沢11度、輪島10度と、平年を3度ほど下回る。山間部では雪の可能性があり、同日午前6時までの12時間降雪量は加賀南部の山地で最大5センチを見込む。

無断転載・複製を禁じます