大雨で道路に水があふれ、水しぶきを上げて走る車両=金沢市の香林坊交差点

 雪がちらつくころとされる二十四節気の一つ「小雪(しょうせつ)」の22日、石川県内は北陸地方を通過する寒冷前線の影響で雨となった。金沢地方気象台によると、県内では23日夜から24日、北陸地方の上空1500メートルに氷点下3度以下の寒気が流れ込み、山間部では雪が降り、積もる所がある。

 気象台によると、23~24日、日本海は大しけとなる所がある。23日の波の高さは加賀5メートル、能登6メートル、24日は加賀、能登ともに6メートルを予想する。

 JR西日本金沢支社は22日、滋賀県内で強風が見込まれるため、金沢-大阪間の特急「サンダーバード」の上下線9本を米原経由に変更した。20~40分の遅れが生じ、約1400人に影響した。金沢市の香林坊交差点では、大雨の影響で排水し切れない水が道路にあふれた。

無断転載・複製を禁じます