富山駅前で5日チョコパイが無料配布されるというツイッター情報に高校生ら数百人が集まった騒ぎで、パイを配った男子学生6人が通う富山国際大の中島恭一学長は9日、「学生の軽率な行動によって多大なご迷惑をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます」とのコメントを出した。同大ホームページにも謝罪文が掲載された。

 中島学長は「人間性と社会性を重視する本学の教育方針に照らして不適切なものです」としている。

 同大学務部によると、6人は大学の聞き取りに対し「迷惑を掛けてすみませんでした」と話しており、騒ぎを起こした理由について「パイを配って喜んでもらいたかった」「認められたかった」などと説明している。

 付近駐車場のフェンスが倒れたことに対しては、学生は駐車場を運営する業者に謝罪し、弁償する意向を示しているという。

 同大の大谷孝行学務部長は「本人の結果責任は免れることはできない。さらに情報収集し、処分の有無を検討したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます